高品質な工事をお約束

外壁塗装や防水工事の事ならお任せください!

社員一同、施主様の大切な財産を守るをモットーに
お家のどんな悩みも必ず解決いたします。

カスタムMV

逗子市内においての外壁塗装工事ならステップリフォームにお任せください!


ワンランク上のきめの細かい仕上がりで、お施主様を安心させます。

神奈川・東京・関東近郊の外壁塗装と防水工事 | 有限会社ステップリフォーム

逗子市で外壁塗装工事のおすすめ業者をお探しなら【ステップリフォーム】にお任せください。「快適な住まいづくりを念頭に、お客様の立場に立ったプランをご提案すること」をモットーに、ハウスアドバイザーが直接ご要望、ご苦情をお聞きして職人に伝えることで、真心こもった仕事と納得いただける仕上がりをお約束いたします。

お見積もりはすべて無料ですので、ぜひお気軽にご相談ください。

ステップリフォームのこだわり

  • お客様の立場に立ったご提案

    理想の実現とご予算面を両立できるよう、状況に合わせた誠心誠意の対応をお約束します。

    1
  • ワンランク上の丁寧な仕事

    安心の3回塗り・塗装前の高圧洗浄・下地調整など、細部まで一切手抜きはしません。

    2
  • 施行後も安心の長期保証

    最長10年、保証書発行し何かあった際には迅速に対応いたします。

    3

逗子市はどんな街


逗子市の歴史と街の魅力

神奈川県南部の三浦半島に位置する逗子市は、昭和29年の市制施工により発足した神奈川県の自治体です。

「逗子」という地名の起こりについては、 「三浦厨子城」の城名からという説や「延命寺」にある地蔵尊を安置している「厨子」からという説、祭器を作る職人=豆師(図師)が住んでいたから等諸説があるようです。

また、市名の由来については、逗子市の前身地域である田越村の町制移行による7ヶ村の合併時に合併元の一つである逗子村の「逗子」を採用して「逗子町」としたことから、市制移行時にも同じ「逗子」の文字が宛てられ「逗子市」となりました。

三浦半島を南北に横断する三浦丘陵に位置する逗子市の地形は、丘陵地帯の山間部と市内を流れる田越川沿いの平地で構成されています。

明治期から別荘や避暑地として賑わっていた逗子周辺地域は、JR横須賀線や京浜急行新逗子線により都心まで約一時間という地の利から、東京や横浜等のベッドタウンとして発展しました。

山が多く平地が少ない地域であることから、山を削って住宅地を造成し拡大したいったため、今後の人口の増加はあまり期待できないとされています。

尚、山上に造成された住宅地には「披露山庭園住宅」等、県下でも指折りの高級住宅街があります。

湘南の一角ともとりあげられる逗子市のイメージと言えば「逗子海岸」ですが、「ハーフマイルビーチ」とも呼称される長い浜は、波が穏やかで遠浅なことからシーズンには家族連れ等で賑わいをみせます。

また、ウィンドサーフィンのメッカとしても著名なことから、休日ともなるとウィンドサーファーで溢れます。

一方、陸地に目をやると三浦丘陵には、鷹取山・二子山・池子の森等、ハイキングコースも充実し四季の自然を楽しめます。

山海の自然豊かな逗子市は、都心から約一時間の通勤圏にありながら自然を満喫できる魅力的な街となっています。

逗子市の住宅補助金や助成金

木造住宅耐震診断・耐震補強工事等補助制度

逗子市では、耐震診断・耐震補強工事・耐震シェルターなどの実施や施工に必要な費用の一部を助成しています。

 

補助の条件(以下の1〜3を全て満たす方)

  • 1981年(昭和56年)5月31日以前に建築確認を得て着工された2階建て以下の戸建木造住宅(居住部分が床面積の1/2以上の兼用住宅を含む)であること
  • 申請者が市内に住所を有し、対象となる建築物を所有し、現に居住していること
  • 申請者が市税を滞納していないこと

 

木造住宅耐震診断・耐震補強工事等補助制度 | 逗子市

 

建築・開発

建築における補助制度に関すること

  • 固定資産税の減額制度(家屋関係)
  • 耐震改修の補助制度
  • 生垣の助成制度
  • シンボルツリーの助成制度
  • 危険なブロック塀等の安全対策工事補助

 

建築・開発 | 逗子市

 

逗子市役所
所在地 〒249-8686 逗子市逗子5-2-16
電話 046-873-1111
URL http://www.city.zushi.kanagawa.jp/
逗子市の対応エリア

池子 | 小坪 | 桜山 | 新宿 | 逗子 | 沼間 | 久木 | 山の根

お気軽にお電話・メールで、お問合せ下さい。 0120-441-550 【受付】9:00~18:00 年中無休
メールでのお問い合わせはこちら CLICK

ご相談から施工までの流れ

  • Step1 お問い合わせ・ご相談

    お電話(フリーダイヤル0120-441-550)・FAX(045-633-8721)または、お問い合わせフォームからご連絡ください。

    見積り依頼だけでなく、ご質問やご相談など、どんなことでも結構です。
    すぐに対応させていただきますので、お気軽にお問い合わせください。

    お問い合わせ・ご相談

  • Step2 現地調査

    お見積り作成のため、あらかじめ、お約束させていただいた日時に当社よりスタッフがお伺いし、現地調査させていただきます。

    外壁塗装の範囲、劣化状況を確認させていただくと同時に、お客様には工事のご予算・ご希望などをお聞きします。

    現地調査

  • Step3 見積り書作成

    診断後、お客様のご要望に沿った最適なプランをご提案させていただきます。

    材料の種類などを変えた、何通りかのお見積りをご用意しますので、じっくりご検討いただき、お客様が納得できるものをお選びください。

    当社では、見積り書の作成は無料で行っています。
    ご契約に至らなくても、しつこくおすすめすることはありませんので、お気軽にお申し付けください。

    見積り書作成

  • Step4 ご契約

    お見積り内容に納得していただけましたら、書面でのご契約となります。

    ご契約

  • Step5 工事詳細についての打合せ

    契約後、実際の工事日程や細かい色合いについての打合せを行います。

    色彩の選定については、スタッフが色見本をお持ちし、お客様の希望に沿うようにアドバイスさせていただきますが、カラーシミュレーションなども参考にしてください。

    また、施工に関するご希望やご質問がありましたら、いつでもスタッフにご相談ください。

    工事詳細についての打合せ

  • Step6 施工

    工事の詳細が決まったら、工事日程に沿って実際の施工を行います。
    足場の設置から点検まで、丁寧に確認しながら一つひとつの工程を進めます。

    施工

  • Step7 工事完了・お支払い

    ご依頼通りの仕上がりになっていることを確認後、保証書を発行して、工事は完了になります。

    基本的には200万円以内の工事であれば、着手金は頂戴せずに完了時に費用全額のお支払いをお願いしております。

    工事完了・お支払い

  • Step8 アフターフォロー・メンテナンス

    工事を行って終わりではなく、掛かりつけの業者として末永いお付き合いができるよう心掛けております。

    お客様のご要望に応じてメンテナンスを行うことも可能ですので、後日気になる点などがありましたら、ご連絡ください。

    アフターフォロー・メンテナンス

塗装工事の際に、良く聞かれる質問

  • 外壁塗装は吹き付けより手塗りの方が良いのですか?

    吹き付け塗装と手塗り塗装の一番の違いは耐久性にあります。

     

    時間や費用の面等でコスパに優れる吹き付け塗装は、手塗り塗装に比べて施工費を比較的安価に抑える事をができます。

     

    但し、機器を用いたスプレー塗装(塗料を吹き付ける)では、塗料のクイツキがあまり良くないため、刷毛・ローラで丹念に塗り込んでいく手塗り塗装のような、本来外壁塗装に必要とされる耐久性は得られません。

     

    外壁塗装はそう度々施工するものではありません。

     

    何か特別な理由がない限り、一度塗装したらできるだけ長持ちさせたいと思う施主様がほとんどです。

     

    その施主様のお気持ちに応えるべく弊社では耐久性重視の手塗り塗装に拘っております。

     

  • 家屋の傷む原因は何ですか?

    家屋の外部にあたる外壁や屋根のダメージについては、自然環境から受ける影響が劣化に大きく関わっています。

     

    • 雨や雪による湿気
      外壁や屋根の破損箇所から水が入り込み建物の内側から腐朽等の劣化が生じる。
    • 二酸化炭素(炭酸ガス)
      大気中の二酸化炭素は中性化によりコンクリートを腐食し劣化させる。

    • 激しい温度の上昇や下降は、建物を腐食させる結露を生み出します。
    • カビや苔等の汚損
      家屋の景観を損ねるうえ、人体にも影響を及ぼすこともあります。
    • 紫外線
      建物にとって一番厄介なのが紫外線です。紫外線にさらされ続けると塗装の塗膜は大きなダメージを受け躯体の寿命を著しく低下させてしまいます。

     

    その他にも大気汚染による酸性雨や温暖化問題など、外壁劣化の要因として自然環境は大きなウェイトをしめています。

  • 室内リフォームが必要な症状とは?

    外壁や屋根同様に室内も使用状態や経年劣化によりリフォームや修繕の必要がでてきます。

     

    賃貸物件の原状回復と同じようなものですが、いくつかポイントを挙げてみましょう。

     

    1. 室内の壁紙(クロス)が剥がれたり、破れたりしている。
    2. 洗面所(脱衣所)の床の沈み込みや天井の黒カビ及びクロスの剥離。
    3. 廊下の凹みや沈下及び歩行時の軋み音。
    4. 繊維壁や砂壁等の京壁に黒いカビが発生。
    5. 木製の天井や窓枠などに染みが出ている。
    6. 押し入れのかび臭い匂いや湿気。
    7. 窓ガラスやサッシ部の酷い結露。
    8. 窓や引き戸等の開け閉めがきつくなりスムーズに動かなくなった。
    9. 水の出や排水が悪くなった。
    10. 部屋内の窓枠の周囲に水の漏れた跡がある。
    11. 和室内の壁と柱の間に隙間が開いてしまっている。

     

    いずれも少し注意して見て頂ければ、簡単に発見できるものばかりです。

     

    もし、室内に上記のような症状が現れていたら、信頼できる業者に相談してみて下さい。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.