ブログ


塗料性状 試験項目 加熱残分

 

試験項目 加熱残分 試験の目的

塗料中の各種原料が間違いなく配合されているか推定することができる。

 

試験方法

JIS K 5400 8・2・1に準ずる。

試料を一定量(約2gr)皿にとり、105℃~110℃の乾燥器にいれて3時間加熱し残量を求め百分率で表わす。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.