ブログ


塗料性状 試験項目 粘度

 

塗料性状 試験項目 粘度

 

試験の目的

塗料の粘性のめやすとなるもので、使用時の溶剤希釈率にも影響する。

 

試験方法

  • 生塗料の粘度測定にストーマー粘度計がよく使用される。

    これは分銅の重さと秒数より換算表からKU値を求める。

  • 希釈塗料の場合には塗料用フォードカップ(JIS K 5402)を使う場合が多い。

 

いずれの場合も液温の影響が大きいので、規定温度に合わせるか、測定時の液温を測る必要がある。

 

粘度測定方法

  • 希釈塗料の中へカップ全体を浸漬させる。
  • 塗料内のカップを液面下にて垂直にさせる。
  • 塗料内よりカップを引き上げると同時に、ストップウォッチで流下時間の測定を開始する。
  • カップ内の塗料が流出し、糸状の流れが切れた時、流下時間の測定を終了する。
  • ストップウォッチの時間を読みとり、その流下時間を塗料粘度として表わす。(例12.5秒/22℃など)
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.