ブログ


塗料性状 試験項目 乾燥性

 

 

塗料性状 試験項目 乾燥性

 

試験の目的

塗料が塗りつけられたのち粘着性を失い、固体状の塗膜を形成するまでの乾燥時間を試験して乾燥の程度および種別によって指触乾燥、半硬化乾燥、硬化乾燥に分けて表す。

 

試験方法

  • 指触乾燥

    塗面の中央に指先をそっと触れてみて、指先が試料で汚れないときは、試料は指触乾燥の状態になっているものとする。

  • 半硬化乾燥

    塗面の中央に指先で静かにそっとこすってみて、塗面に擦りあとがつかないときは試料は半硬化の状態になっているものとする。

  • 硬化乾燥

    試験片の中央を親指と人差指とで強くはさんでみて塗面に指紋によるへこみがつかず、塗膜の動きが感じられずまた、塗面の中央を指先で急速に繰り返しこすってみて塗面に擦りあとがつかないときは、試料は硬化乾燥の状態になっているものとする。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.