ブログ


プライマーについて

プライマー

 

 一般的に金属表面の仕上げに使われる塗料には、次のものがある。

 
 外装材の場合、工場で焼付け塗装された材料が使われていることが一般的であるため、塗り替えに際しては、
既存の表面仕上げ材が何かを知り、適切なプライマーを選択して密着性を保たなくてはならない。
プライマーには、下地と中塗り塗料に対してしっかりと付着し、
また、下地が膨張や収縮を繰り返しても変わらない付着性が要求される。

 
 塗料用のプライマーには、エポキシ樹脂プライマー、塩化ビニル樹プライマーがあるが、
上塗り塗料との適合性が重要なため、塗料メーカーが推奨する塗装仕様を遵守することが大切である。

 
 特に、金属の表面が平滑な場合は、塗膜の付着性が著しく低下するので表面性を改質しなくてはならない。
亜鉛メッキ鋼板の場合は、亜鉛と油変性系の塗料が反応した場合は、金属石けんを生成して塗膜がはがれる現象も発生する。

 
 このような現象を防ぐために、金属の表面を改質して付着性を高めることのできるエッチングプライマーがある。

このプライマーには、ブチラール樹脂、ジンククロメート、リン酸等が含まれており、リン酸によって金属の表面を粗すと共に、
バインダーとなる物質を生成して付着性を高めるように設計されている。

 
 エッチングプライマーの品質規格は、JISK5633 に定められており、
1種、2種がある。1種は、アルミニウムや亜鉛メッキ製品を比較的短時間で仕上げる場合に使い、
2種は、大型構造物等のケレンを行っした後に使うので、耐水性、耐侯性を高めている。

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.