ブログ


シーリング材の施工手順をご説明

シーリング材の施工手順をご説明

 
リフォームにおけるシーリング材の施工手順を知っておきましょう。

 

1.
既存シーリング材の撤去
サイディングとの境界にカッターを入れ、切り取ります
注意点 サイディングの素地が出るようにしっかり取ること

 

2.
マスキングテープをサイディングの目地際に貼り、養生
注意点 サイディングの柄の凹凸に合わせ、しっかり密着させること

 

3.
専用のプライマーを塗布
※プライマーとは、シーリング材と被着体との接着強度を確保する役割の液体
注意点 塗りムラ、カスレがないようにしっかり塗ること

 

4.
シーリング材を充填
注意点 奥までしっかりと入れ込むこと

 

5.
シーリング作業用のヘラで抑え、
表面をきれいに仕上げる
注意点 しっかりと押し込み、きれいに仕上げること

 

6
マスキングテープをはがす
注意点 シーリング材の硬化が進行する前に、
速やかにはがすこと

 
「オートン イクシード」の生いたち

 
オート化学工業は技術の会社です。
シーリング材は、一般的には見落とされがちですが、実はとっても大切な部材であることは、
ここまで読んでいただいた方ならおわかりになったでしょう。
ひと口にシーリング材といっても、いろんな性能のものが出ています。
オート化学工業はニーズに合わせて樹脂そのものを自社で合成することができます。
だからこそ可塑剤を使わなくても、樹脂を自由に設計し、新たな性能を持つシーリング材を開発することができました。

 

オート化学工業は、主にポリウレタンという樹脂素材を使ってシーリング材や接着剤などを生産・販売してきました。
社内に開発のための設備と人員を抱えて、樹脂の自由な設計が可能なので、他社にはない、特徴のある樹脂を開発し、
シーリング材や接着剤などをつくることができたのです。これにより現在まで、戸建てのシーリング材メーカーとしては
トップシェアを持つリーディングカンパニーへと成長しました。

 
オート化学工業は、安心できる住宅づくりに少しでも貢献したいという思いから、マニアックなシーリング
材づくりに真剣に取り組んでいます。これによって生まれたのが「オートン イクシード」なのです。
せっかく家をつくるなら、シーリング材の性能を理解してもらい、ひとつ上のクオリティを味わってほしい。
オート化学工業はその想いをもとに、「オートン イクシード」を皆さんに送り出します。

 

オート化学工業 技術研究所 開発担当者
「オートン イクシード」の開発にあたっては、お客様に対しての性能はもちろんですが、作業者に対しての性能も重視しました。
第一には、材料の打ちやすさと、ヘラ押さえの仕上げやすさという点で、作業性の向上を実現させています。
さらに、硬化性を改善することによって固まるまでのスピードもアップしました。
加えて、ベタベタする「アフタータック」が残りにくい=汚れにくいという性能も得ることができました。
これらの性能やバランスに関しては、樹脂の配合や添加剤の選定などに工夫を凝らし、
さらに寒冷地である旭川などさまざまな条件下でも試験を繰り返してきた結果実現したものです。
私たちの開発した「オートン イクシード」は、長期的に長持ちする材料としてこれから
たくさんの人に使っていただけるであろうと、自信を持って送り出すことができます。

 

AUTO オート化学工業株式会社
〒110-0005 東京都台東区上野5-8-5 CP10ビル5F
TEL 03-5812-7310 FAX 03-5812-7950

 

弊社でも、よく使用させて頂いているメーカーさんです。

外壁塗装の前にシーリング工事は大事な工程です。

とてもお勧めですよ。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.