ブログ


工場・倉庫の塗り替えについて 塗り替えを行うメリットを考えよう パート8

工場・倉庫の塗り替えについて
塗り替えを行うメリットを考えよう パート8

 

現場調査の徹底

工場・倉庫の塗床工事を成功させるためにはまず現在の床の状態と使用環境を正確に把握する事が第一歩です。
現場調査が正しくできていないとその後のプランニングも適切に行えず、良い塗床工事を終えることはできません。

弊社では、この現地調査を丁寧に行うことを徹底しています。
その調査結果をもとに工場・倉庫の塗装専門会社として最適なプランニングがプロとしての実力が出る部分だと考えています。

 
床の状態の把握
油汚れの程度、塗膜の劣化状況、下地の状態

使用環境の把握
工場内のフォークリフトや車両がの走行の有無、重量物の移動や保管、熱湯や高温なモノの使用状況、
クリーンルーム等の防塵性、半導体工場など帯電防止機能の必要性、薬品工場など耐薬品性など使用環境を詳しく把握する必要があります。

 

作業スケジュールの計画
塗床工事は工場や倉庫の内部で行うため、作業にかかる日数だけ業務を止めて行わなければならない場合もあります。
そのため業務への影響を最小限にするためのスケジューリングが非常に重要です。
弊社では、企業のご担当者さまと協力し綿密な計画を立て実行いたします。

 
剥がれない床は下地処理が肝
塗床工事の工程として一番はじめに行う工程が下地処理です。
塗装全般に言えることですが、この下地処理を丁寧に行わないと、どんなによい塗料を使用しても良い仕上がりになりません。
旧塗膜の剥離除去、コンクリート下地の研磨・切削を各種専用機械で行うことで、塗料と床の接着性を高め、長期間剥がれない塗床ができます。

 

 

 

床補修工事の事ならお任せください!!

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.