ブログ


造作材は內地材を使いたい

造作材は化粧材ともいって、目に見える部分の柱や造作だ。
和室ではこの使い方のよしあしで、仕上がりが大きく左右される。
ガッチリはしているが、見た感じがどことなく垢抜けないといった和室があるが、これは大工のセンスにもよるが、部材にまとまりがないためにそう見えることがよくある。
見栄をはれとはいわないが、何ほども違わないのだから、化粧には内地材を使ったほうがいい。
和室の場合、目に見える柱や造作以外は、意匠らしきものがないのだから、せめて內地材をおごりたいものだ。
同じスギでも内地材と外材では見た感じが明らかに違うし、柱などに外材スギを使うと、よく手の跡がついたりすることがある。
長屋風のアパートなどで昔はよく見かけたが、せっかくの部屋が台なしになる。
ヒノキの柱を立てたときは、鴨居や天井はスギがくるのが、一応まともなとり合いだ。
内地材の針葉樹同士を合わせておけば、まず間違いない。
部屋に踏み込みなどをつける場合、ケヤキなどの広葉樹を使うことがあるが、こうしたときはよほど慎重に柄選びをしないと落ち着きがなくなるので要注意だ。
部分部分しか見えない大工では全体がわかりにくい。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.