ブログ


塗装欠陥(1) ピンホール、凹みやハジキの対策

塗装欠陥(1)

ピンホール、凹みやハジキの対策

 
塗料は生き物であり、塗料の状態や塗装時あるいは塗膜を形成する過程で予期せぬことが生じ、それらが欠陥を引き起こします。

 

主な欠陥は次のとおりです。

 

(1)塗料状態の欠陥 : 皮張り、増粘、ゲル化、分離、沈降、ケーキ化など
(2)塗装時の欠陥 : タレまたはタルミ、はけ目、ロール目、ピンホール、凹み、ハジキ、ゆず肌、かぶり(白化、ブラッシング)、つやびけ、ブツなど
(3)塗膜の欠陥 : シワ、やせ、軟化、汚れ、白化、白亜化、ふくれ、割れなど

 

本項と次項で、上記(1)~(3)の中から、馴染みがあると思われる欠陥を選び、解説します。

 

①ピンホール:塗膜に針で突いたような小穴ができる現象です。
塗装時や乾燥の過程で水分・空気・ガスなどの混入や急激な離脱がある時に発生します。
主な原因は、厚く塗りすぎたとき、溶剤の蒸発が速すぎるとき、被塗面の温度が高すぎたときに発生します。
木材や鋳造品のような巣穴の多い素地を塗装するとき、塗料は穴の隅までよくぬれないので、乾燥過程で穴中の空気の抜けた穴がピンホールになることがあります。
多孔質素地には目止めをしてから塗装すれば、ピンホールを防げます。

 

②凹みやハジキ:塗膜が押しのけられたような凹部を生じる現象です。
被塗面に汚染物質が存在すると、この現象が生じやすくなります。
例えば、被塗面に塗料よりも表面張力の小さい汚染物質 (例えば、油とする) が存在した時には、塗料は被塗面にぬれていくことができずに挙動し、ハジキを発生します。
凹みは塗料の乾燥過程で表面張力の低い成分(シリコーンやワックスなど)が混入した時に発生します。
良い塗装仕上げをするために、被塗面を清浄する素地調整・表面処理や塗装環境の整備は重要です。

 
ポイント
●欠陥は自然現象を反映している
●巣穴の多い素地には目止めが必要
●被塗面に油があると塗料はハジかれやすい

 

用語解説
表面張力:物質を構成する集結力の大きさを表しており、水の表面張力は有機溶剤のそれに比べて3倍大きい。

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.