ブログ


外壁塗装中の洗濯物の扱い方について解説します

外壁塗装中は外に干さないほうがよいとされる洗濯物

 

外壁塗装中は洗濯物をどこに干せばよいのかと、悩んでいる方も多いのではないでしょうか。外壁塗装中は塗装中の塗料や高圧洗浄による汚水等が飛び散りやすい環境なので、外に洗濯ものを干すことは諦めたほうがよいかもしれません。しかし、自宅に洗濯物を干すスペースがない、乾燥機を持っていない、等といったご家庭では、果たしてどのように対応をすればよいのでしょうか?

 

今回は外壁塗装中の洗濯物の扱い方についてお話しさせて頂きます。どうしても外に干したい場合の対処法についても解説させてもらいますので、お困りの方はぜひ参考にしてください。

この記事を読むための時間:3分

外壁塗装中に洗濯ものは干せる?

外壁塗装中に、外に洗濯物を干すことはあまりおすすめできません。外壁塗装は塗料を壁に塗る作業のほかに、汚れた個所を高圧洗浄する作業や、下地に付いている古い塗膜を削る作業等があります。塗装中は塗料が飛び散るのはもちろんのこと、高圧洗浄中は汚水が、下地を削る作業では鉄粉や木くず等が飛び散ります。これらの飛散物が飛び散る中、外に洗濯物を干すとせっかくきれいにした洗濯物に飛散物が付着し、汚れてしまうことは間違いありません。

どうしても外に干したい場合

外に洗濯物が干せないと一方的に言われても、乾燥機がない、室内に洗濯物を干すスペースがない、等といった場合は、どうすればよいのでしょうか?解決策として、次の2つの方法をご紹介します。

 

・あまり影響がなさそうな工程の時に行う
・作業している場所の反対側で干す

 

どちらの方法も、工事施工者にまずは相談しましょう。

あまり影響がなさそうな工程の時に行う

外壁塗装の工程の中でも破風板の塗装時や、ベランダの防水工事時は比較的飛散物も少なく、場合によっては洗濯物を外に干すことが可能です。工程の段取りなどを施工者に聞き、洗濯を計画的に行うのが良いでしょう。

作業している場所の反対側で干す

塗装や高圧洗浄などを施工する箇所を施工者に予め聞いておき、作業場の反対側で洗濯物を干すのも、1つの方法です。屋根の作業時は諦めるしかありませんが、外壁であれば、作業している場所の反対側で洗濯物を干せる可能性もあるので、まずは施工者と相談しましょう。

外壁塗装中の洗濯はどのようにすればよい?

外壁塗装中の洗濯は、以下のような対応法もあります。

 

・コインランドリーを利用する
・近所の親類の家で選択させてもらう
・クリーニングを利用する

 

外壁塗装中はしばらくの間、自宅以外の施設などを利用するのも良いでしょう。3つの対処法について、さらに詳しく解説します。

 

コインランドリーを利用する

外壁塗装中はコインランドリーの利用をおすすめします。コインランドリーは洗濯、乾燥が1か所で対応でき、汚れる心配もありません。洗濯、乾燥を合わせると料金が1,000円前後かかりますが、外壁塗装の費用の一部として捉えるのが良いのではないかと思われます。家庭用の洗濯機や乾燥機と違って大型なので、一度に大量の洗濯物を洗浄、乾燥できるため、ある程度洗濯物をためてから洗濯すると、料金が比較的抑えられます。

近所の親類の家で洗濯させてもらう

近所に実家や親戚の家があれば、そこで洗濯、乾燥させてもらうのもよいでしょう。自宅で干すより汚れる心配もありませんし、何せ費用がかかりません。

クリーニングを利用する

洗濯物がウールやシルク等のデリケートな素材であったり、ナイロンやポリウレタン素材などの熱に弱い素材であったりする場合、コインランドリーの乾燥機は使えないので、クリーニング屋さんでドライクリーニングをしてもらいましょう。服が縮んだり傷んだりする心配もないので、安心です。

外壁塗装中の洗濯の仕方を工夫しよう

外壁塗装中の洗濯は干す場所にも困り大変ですが、コインランドリーやクリーニングを上手く利用し、かかった料金は外壁塗装の費用の一部であると捉えて対応しましょう。近所に実家や親戚の家があれば、そちらで洗濯をさせてもらうのも1つの方法です。どうしても自宅で干すしかない場合は、工程によっては洗濯物を干せる日もあるので、まずは工事施工者に相談することをおすすめします。

 

外壁塗装や防水工事はステップリフォームにお任せください。施工者様のお気持ちに最大限寄り添った、信頼重視の安心工事をお約束いたします!

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.