ブログ


シーリング工事の単価相場とは?工事で防水性を確保しましょう!

「シーリング工事の相場を知りたい」
「防水工事とはどのようなことをしているのか知りたい」
このような考えをお持ちの方は多いでしょう。
そこで今回は、シーリング工事の単価相場と工事の流れをご紹介します。

 

□シーリング工事の単価はどのくらい?

 

建物は劣化していくとひび割れが起きて隙間が生じてしまいます。
ひび割れを放置しているとカビが生えたり、建物の寿命が短くなってしまいます。
そこで、ひびを補う工事を行います。
その工事のことをシーリング工事と呼びます。

シーリング工事は大きく分けて、打ち替え法と増し打ち法の2種類があります。

 

*打ち替え法

 

劣化したシーリングを全て取り外し、再度新しくシーリングで埋め直す方法を打ち替え法と呼びます。
取り外してからもう一度埋める作業を行うため、確実に防水性を補強できます。

しかし、時間と費用がかかります。
1メートルあたりの費用相場は、900円から1200円ほどです。

 

*増し打ち法

 

増し打ち法は、ひび割れたシーリング剤の上からシーリング剤を追加する方法を指します。
もとのシーリングを剥がす作業が不要であるため、打ち替え法よりも時間と費用がかかりません。

しかし、耐用年数は落ちます。
1メートルあたりの費用相場は、500円から900円ほどです。

 

□シーリング工事の流れとは?

 

シーリング工事の中でも、打ち替え法は工程がとても多いのが特徴です。

 

1つ目の手順では、シーリング剤の除去を行います。
この場合、劣化しているシーリング剤を除去します。

 

2つ目の手順では、目地を清掃します。
汚れが入り込まないように目地にあるホコリやサビを落とします。

 

3つ目の手順では、マスキングテープによる養生を行います。
シーリング剤が他の場所に付着しないようにマスキングテープを使い養生します。

 

4つ目の手順では、バックアップ剤の挿入、ボンドブレーカーの取り付けをします。
シーリング剤が目地に直接接着することを防ぎます。

 

5つ目の手順では、プライマーを塗布します。
しっかりシーリング剤が接着するようにプライマーを塗布します。

 

6つ目の手順では、ヘラで密着させて表面を美しく整えていきます。

 

□まとめ

 

今回は、シーリング工事の単価相場と工事の流れをご紹介しました。
少しのひび割れだからと放置していると、悪化して大規模な工事が必要になる恐れがあります。
小さなひび割れであっても見つけた場合は、補修を早めに検討しましょう。
シーリング工事についてお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

 

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.