ブログ


透湿性の高い塗料とは?適している外壁材をご紹介します!

 
透湿性塗料は、壁にたまりやすい湿気を逃しやすくしてくれる塗料です。
今回は透湿性塗料について説明していきます。
 

□透湿性塗料とは

 
透湿性塗料は壁にたまりやすい湿気を逃しやすくしてくれる塗料です。
気体である水蒸気と液体である雨水の大きさの違いを利用し、湿気を逃しつつ、水は通さないという性質を持ちます。
透湿性塗料がよく使われる外壁は、直貼りサイディング外壁やモルタル外壁が挙げられます。
これらは湿気がたまりやすい外壁です。
 
サイディング外壁には直貼りのものと通気工法のものがあります。
直貼りの場合、内部に湿気がたまりやすいです。
直貼りサイディングの場合は必ず透湿性塗料を採用しましょう。
 
モルタル外壁も直貼りで仕上げられています。
直貼りサイディングと同じように通気空間がありません。
また、モルタルは水分を含みやすいです。
そのため、モルタル外壁は劣化によりどんどん雨水が入り込みます。
 
これを防ぐためにもモルタル外壁には透湿性塗料を採用しましょう。
 

□透湿性塗料のメリットとデメリット

 
透湿性塗料のメリットは、塗料の膨れや剥がれが起こりにくくなることです。
透湿性塗料は湿気を外に逃す役割を持っており、これが塗料の膨れや剥がれを防止してくれます。
また、建材、構造材の腐蝕や建物の結露を防いでくれます。
湿気を逃すことで建材が腐ることを防止してくれます。
 
透湿性塗料は内部結露を防ぐ性質もあります。
湿気を逃したり、結露を防いだりすることで結果的に建物の寿命を延ばしてくれます。
 
透湿性塗料のデメリットはその機能に限界があることです。
他の塗料に比べて湿気を逃したり、結露を防いだりといった機能に優れていますが、全く湿気がたまらなかったり、結露ができなかったりということはありません。
どんなものにも当てはまりますが、機能に限界はあります。
湿気はたまらない、結露は発生しないと決めつけるのではなく、定期的にメンテナンスをしましょう。
 
また、現在の外壁に使われている塗料から透湿性塗料に変えたからといって結露が全くできなくなるというわけでもありません。
現在、結露に悩まされているのであれば、すぐに透湿性塗料に変えるのではなく、まずは専門家に相談してみましょう。
このデメリットを理解した上で透湿性塗料を採用するべきでしょう。
 

□まとめ

 
今回は透湿性塗料とそのメリット、デメリットについて説明しました。
外壁塗装や防水工事に関することはぜひ当社にご相談ください。
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.