ブログ


築10年目は、外壁塗装をするタイミング

 

築10年目は、外壁塗装をするタイミング

 

 

この記事を読むための時間:3分

 

家が新築されてから、約10年たった頃が外壁塗装のタイミングといえます。

 

長い歳月の間に外壁は紫外線や雨に晒され、風や砂埃に耐え続けることになります。

 

定期的に外壁を塗り替えるのは、家を少しでも長持ちさせるためでもあるのです。

 

ここでは、見た目だけではなかなかわからない外壁の傷みのチェック方法から、傷んだことで起こる、様々な影響について解説します。

 

 

 

外壁のヒビ割れでチェック

 

築年数約10年頃が外壁塗装のタイミングと言われていますが、状態によってはそれより前に塗り替えを考えることが必要になるかもしれません。

 

外壁塗装のタイミングを知るためには、外壁をチェックして、塗り替えのサインを見逃さないことです。

 

まずは、じっくりと外壁を観察してみましょう。

 

外壁に、ひびが入っている状態を、クラックと表現します。

 

外壁にクラックが起きる原因は、長い年月の間、膨張や収縮を繰り返したことで、次第に外壁が劣化を起こしたためです。

 

小さなクラックを放置しておくと、次第に大きくなっていき、ひび割れたところから雨漏りが起きる可能性があります。

 

雨漏りが起きてくると、内部にまで染み渡り、やがて家の腐敗を招く恐れがあるため、外壁にクラックを発見したときには、早めに塗り替えを行い、外壁の劣化を防ぎましょう。

 

 

 

 

外壁塗装の大切さ

 

外壁塗装が重要な理由は、単に外観を美しく保つためのものではありません。

 

塗装が施された壁は、しっかりとコーティングされ、再びその強度を増し、雨や雪、更には振動から家を守ってくれるのです。

 

そして、定期的にメンテナンスをすることによって、外壁の寿命を延ばすこともできるので、長期間快適に暮らすことが可能です。

 

塗り替えによる効果は、外壁にできたヒビ割れや剥がれなどの劣化を補修し、水が壁に侵入することを防ぐことで、家全体の耐久性をアップし、カビの発生も予防してくれます。

 

更に、外壁塗装をすることは、寒さから家を守ってくれることにも繋がります。

 

壁を塗り替えることにより、家の断熱性と遮熱性がアップし、外気の冷たい空気が室内へ侵入してくるのを防ぐ役割を担います。

 

室内の暖まった温度を外部へと逃がさないため、寒い季節も快適に過ごすことができます。

 

外壁塗装を定期的に行うことは、家を経年劣化から守り、その、強度を長持ちさせるために必要なことなのです。

 

 

 

 

外壁塗装の流れ

 

初めて外壁塗装をするときには、戸惑うことも多いでしょう。

 

もしものときに困らないためにも、事前に外壁塗装の流れを知っておくことが必要です。

 

外壁塗装と防水工事のステップリフォームでは、お客様からの見積もり依頼があったときには、見積もり作成のために、当社のスタッフが、現地調査を行い、外壁の劣化状況や塗装の範囲を確認し、工事にかかる予算や希望などについて確認します。

 

外壁の詳しい診断後は、お客様に合う最適なプランを提案し、見積もり書を作成します。

 

見積もり書が完成しましたら、内容を確認し、正式に契約となります。

 

契約後は、工事の細かい日程について打ち合わせをしてから、工事日の設定となるのです。

 

実際の施工が行われた後、仕上がりを確認し、保証書を発行して、工事はすべて完了します。

 

ですが、外壁塗装は、1度したら終わりではありません。

 

環境や状況によっては、経年劣化以外の理由で外壁にトラブルが起きる可能性があります。

 

ステップリフォームでは、工事がすべて終わった後も、アフターフォローやメンテナンスを行っているので、安心です。

 

 

 

 

外壁塗装で悩む前に

 

長く暮らしているということは、様々な影響を受けます。

 

台風により、激しい雨や風に晒されたり、猛暑により、強い紫外線を浴び続けたりしているうちに、外壁は次第に強度を失い、家を守れなくなるのです。

 

外壁を再び強くするためには、定期的なメンテナンスを行い、家に合った方法で、外壁を塗り替えることが大切です。

 

外壁を丈夫にすることで、外観を美しく、そして長く保つことができるのです。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.