ブログ


今だから知っておきたい外壁塗装のメリットとデメリット

 

今だから知っておきたい外壁塗装のメリットとデメリット

 

 

この記事を読むための時間:3分

 

外壁を塗装しても見た目が変わるだけで、特に意味はないと感じる人もいますが、本当でしょうか。

 

外壁塗装は絶対にしなければいけないものなのか、メリットやデメリットはあるのかを理解しておくことは重要です。

 

実際に外壁塗装を行う上でのメリット、デメリットについて紹介するので、これから塗装をするか迷っているなら参考にしてください。

 

 

 

外壁塗装を行う基本的なメリット

 

最もわかりやすいメリットが、見た目の美しさを取り戻せることです。

 

それまでと全く違ったカラーにしたり、ツートンカラーにしたりなど、今までと違ったイメージにすることができます。

 

外壁塗装の素材によってセルフクリーニング効果を発揮する物があるため、汚れにくい外壁に仕上げることが可能です。

 

塗装を行うときには建物の補修をしながら行うため、外壁や建物の耐久性がアップすることもメリットといえます。

 

塗装がしっかり行われていると建物の耐久性を高めることができるため、雨風や経年劣化から防ぎやすくなる可能性が高いです。

 

さらに雨風が建物内に吹き込まないことから、防カビやダニにつながる可能性が高まります。

 

結果として建物の内部にある腐敗や雨風によるカビを防止することができるため、カビによって発生するアレルギーなどを防ぐことができるでしょう。

 

小さなお子さんのいる家庭では、絶対にアレルギーを発症しない施術となっているため、アレルギーで悩んでいる人に最適です。

 

 

 

 

付加的に建物の機能を高められるメリット

 

外壁塗装を行う塗料によって、外壁を塗った部分がしっかりし、紫外線から家を守ることができます。

 

紫外線を家の中に取り入れない効果のある塗料を利用することで、家の中に紫外線が入らず、熱さから身を守ることも可能です。

 

さらに防水、防湿効果が高い塗料を使うことで、塗る前よりも建材への対策にもつながるでしょう。

 

さらに塗装を行うことによって外壁を直し、夏涼しく冬温かいといわれる塗料を利用することで、冷暖房効果を高めることになります。

 

結果として省エネにつながり、家の中を快適にすることができるでしょう。

 

なお、外壁塗装を適切に行うことで住まいの資産価値を高めることもできます。

 

今の家にずっと住み続けたい場合や将来賃貸に出すことを検討している場合にも、適切な塗装を行っていれば怖いものは何もありません。

 

 

 

 

外壁塗装にはデメリットもある

 

定期的に外壁塗装を行うことは、家を守るためにできる最適な方法といえます。

 

家にとって定期的な塗り替えは家の守りを固めるうえでは最適だからです。

 

しかし、経済的な面で、デメリットは大きいといえるでしょう。

 

なぜなら、1回につき100万円から120万円前後かかるからです。

 

地域や家の広さによっては80万円でできるところと、150万円以上支払う必要がありますので注意してください。

 

1回につきかなり大きな出費にあたるため、依頼する前に貯蓄をするなど早めに対応しておきましょう。

 

また、塗料の金額や塗料の質によっても支払う金額が大幅に異なります。

 

外壁塗料の場合、10年間から20年の間に1回塗装をするのが平均です。

 

塗料の質によっては10年で傷んでしまうものや20年たっても全く痛まないものなどもあります。

 

そのため、材料の素材を確認して適切な価格で申し込むべきです。

 

一番安いシリコン塗料で10年前後、一番高い光触媒塗料で20年前後が平均となります。

 

なお、工事のためにまとまった資金をためておくことが難しい場合は、リフォームローンの申請も検討してみてもいいでしょう。

 

 

 

 

外壁を劣化させる前に工事をしよう

 

家を守るためには外壁塗装を定期的に行うことは必要です。

 

塗装を行うタイミングは塗料によって異なるため、ある程度のお金が必要となります。

 

塗料の劣化が始まる前から工事を行う必要はありませんが、劣化をして放置したままにしておかないように定期的に確認をしましょう。

 

年に1回くは塗料の状態を確認し、最適な時期に工事をしてください。

 

 

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.