ブログ


界面活性剤 surfactant、surface active agent

 

界面活性剤 surfactant、surface active agent

 

液体に溶けて界面で活性を示す物質。

親水基と疎水基と呼ばれる性質の異なる二つの相反する部分がある。

親水基は極性の大きい水などに対して親和力が大きく、溶解性があり、極性の小さい灯油やミネラルスピリットなどに対しては親和力がなく、不溶解性である。

疎水基はこの反対の性質をもつ。

顔料分散剤、乳化剤、沈澱防止剤、色わかれ防止剤などに用いられる。

 

種類としては以下に大別される。

 

  • アニオン(陰イオン)活性剤
  • カチオン(陽イオン)活性剤
  • 両性イオン活性剤
  • ノニオン(非イオン)活性剤

前の記事へ

«

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.