ブログ


顏料(4)さび止め顔料 ①鉛丹 Pb₃0₄(四三酸化鉛)


 

①鉛丹 Pb₃0₄(四三酸化鉛)

 
光明丹、赤鉛とも称せられ、四三酸化鉛(Pb₃0₄) を主成分とする赤色顔料で、他にリサージが多少含まれていて化学的に活性があり、さび止め顔料としてきわめてすぐれた性質をもっています。
金属鉛を加熱酸化して製造されます。乾性油と反応して鉛石けんをつくり、柔軟、可とう(撓)性、付着性の良い丈夫な塗膜をつくり、風化に耐えます。塗料中では鉛丹はわずかなアルカリ性として働くため、鋼材のさび止め塗料あるいは下塗り用として最も古くから使用されてきました。
従来は使用時に鉛丹と煮あまに油とを現場調合して使用されるのが普通でしたが、今では純度のよい鉛丹を用いて安定な溶解塗料が市販されています。
鉛丹ペイントを暴露すると退色して白くなりますが、これは空気中の水分および炭酸ガスにより、鉛白となるためです。
また硫化水素にあうと黒変するので、環境の悪い場所では乾燥後早く上塗りをしなければなりません。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.