有限会社ステップリフォーム

バリアフリーリフォームの補助金を上手に利用!快適な住まい作りのための完全ガイド

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせはこちら

〒221-0002 神奈川県 横浜市神奈川区 大口通 134-15

バリアフリーリフォームの補助金を上手に利用!快適な住まい作りのための完全ガイド

バリアフリーリフォームの補助金を上手に利用!快適な住まい作りのための完全ガイド

2024/02/10

バリアフリーリフォームの補助金を上手に利用!

快適な住まい作りのための完全ガイド

バリアフリーリフォームは高齢化社会を迎えた現代において、ますます重要性を増しています。

その中でも、介護が必要な家族を持つ方や、自身が快適で安全な暮らしを望む高齢者にとって、住環境の改善は切実な課題です。

そこで本記事では、生活をより良くするためのバリアフリーリフォームの方法と、その費用を軽減するための補助金の活用について解説します。

バリアフリーリフォームのための安全と快適性の確保

安全性を高めるリフォームの3つのポイントについて解説します。

 

  1. 利用者の状況に合わせた改修を選ぶ
    バリアフリーリフォームの最大の目的は、居住者の安全と快適性の向上にあります。
    例えば、自力で歩行できる人と車椅子利用者では、必要な改修内容が大きく異なります。
    廊下に手すりを設置する、転倒を防ぐ床材を選ぶ、または車椅子がスムーズに動けるよう通路を広げるなど、利用者一人ひとりの状態に合わせた工事を選ぶことが重要です。
  2. 自宅に適したリフォームを行う
    家の構造や条件によって可能なリフォームは異なります。
    賃貸住宅の場合は大家さんや管理会社との相談が必要ですし、自己所有の住宅でも築年数や構造による制限があります。
    予算や時間も考慮しつつ、最適なリフォーム計画を立てることが大切ですよ。
  3. 介護者の利便性も考慮する
    介護する側の負担を軽減するためにも、リフォームは非常に有効です。
    例えば、介護作業スペースの確保や、手すりの設置、移動経路の整備などを行うことで、介護者がより効率的に、かつ疲労を減らして作業できる環境を作り出すことが可能です。

バリアフリーリフォームに活用できる補助金の全知識

補助金の概要と活用方法

  1. 介護保険からの補助金
    バリアフリーのための住宅改修を行う際、介護保険を通じて一定の支給が受けられます。
    支給限度額は20万円で、その7~9割が補助されます。
    手すりの取付けや段差の解消など、日常生活に必要な改修が対象です。
    事前に条件を確認し、適切な手続きを行うことが重要です。
  2. 自治体からの補助金
    多くの自治体が独自のバリアフリー改装向け補助金制度を設けています。
    条件や申請方法は自治体によって異なるため、事前の確認が必要です。
    特に「着工前に申請」が必要な場合もあるので、計画を立てる際にはしっかりと調査しましょう。

まとめ

バリアフリーリフォームは、高齢者や介護が必要な家族の安全と快適性を確保するために、非常に重要な投資です。

利用者の状況に合わせた改修を選び、自宅に適したリフォームを行うことで、生活の質を大幅に向上させられます。

また、介護保険や自治体からの補助金を活用することで、費用の負担を軽減し、より手軽に改修を行うことが可能です。

この記事を参考に、自分や家族のための最適なリフォーム計画を立てていただければ幸いです。

LINEでお問い合わせを受付中です!

ご不明点やご相談などございましたら、以下のボタンから弊社の公式アカウントを友だち追加して、LINEのトークルームからお気軽にお問い合わせください!

友だち追加

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。