ブログ


調色はなるべく避けた方が良い

 

調色はなるべく避けた方が良い

 

今回も塗装についてお話をしましょう。

 

題して(そんなに大げさなことではない!)「調色はなるべく避けた方が良い」についてお話をしてみます。

 

まず、「調色とはなんぞや?」と思われている方に簡単にご説明申し上げますと、各塗料メーカーの見本帳に載っていない色で、特別に作る色のことを言います。

 

見本帳に載っているオリジナル色は大体35~50色位です。(メーカーによって数に違いがある)

 

その中で決められない、どうしても塗りたい、こだわりたい色があるという人の為に、「社団法人 日本塗料工業会 発行」の塗料用標準色見本帳というのがあります。

 

収録色は322色位あります。

 

この色の選定基準は建築物、構造物、設備機器、インテリアなどを調査し、使用頻度の高い色を選定しています。

 

また、JISの標識色や官公庁の指定色を取り入れて、実用的な色構成となっています。

 

尚、色見本長には有効期限があり、廃盤の色も出てまいります。

 

長くなってしまいましたので、続きは次回に「調色はなるべく避けた方が良いパート2」にて・・・

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.