ブログ


失敗しないリフォーム及び増改築のポイント1 目的をはっきりさせて優先順位を決めること

失敗しないリフォーム及び増改築のポイント1
これだけは最低限おさえておきたい

 

「はじめに」
家というものは、こまめに手を入れてやることで長持ちさせることができます。どんな家でもちょっとした工夫で見事に生まれ変わるものです。せっかく高いお金を出して建てた家なのですから、上手にリフォームして末永く住み続けたいものです。

そこで、家をリフォームするときに、前もっておさえておきたいポイントをいくつかまとめてみました。

 

まず、リフォームの前に、目的をはっきりさせて優先順位を決めること

 

家の中でどの部分をリフォームしたいのか、なぜリフォームしたいのか、その目的をはっきりさせることが重要です。

住みにくい、使いにくいと感じる部分はどこなのか、家族の間で話し合いながら、家の中で何が問題なのかをはっきりさせておきましょう。

また、リフォームしたいと思うところがいくつかある場合には、リフォームの優先順位を決めることも重要です。

例えば、キッチンを再優先させて、次ぎがリビングの床暖房、そのあとがクローゼットや収納といった具合です。

予算の問題もありますから、場合によっては、一度に全部というわけにはいきません。

実際、家の傷みを補修したり、生活の変化に合わせて住まい方を見直したりすると、一生の間に3度ぐらいは家に手を入れる必要が生じてきます。

まずは、一番リフォームしたいところを最優先し、予算や状況によっては、ほかのところは次回以降に回すなどして、計画的にリフォームを進めることが大切です。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.