ブログ


リフォーム業者にも、いろんなタイプがあるので要注意

失敗しないリフォーム及び増改築のポイント5

 

リフォーム業者にも、いろんなタイプがあるので要注意

 

ひとくちにリフォームといっても、工務店、リフォーム業者、インテリア関係、ガス・水道・電気などの各種設備工事専門店など、さまざまなタイプの業者があり、最近では、コンビニや便利屋でもリフォームを請け負っていたりしています。

工務店の場合、顔見知りだったりすると、簡単に頼みやすいといった面があります。特に顔が利く場合などは、材料を値段の高いものから低いものまで上手く使って、きっちりと予算の中で仕上げてくれるというメリットもあります。
大手の業者の場合には、立派なものを使ったりして費用がかさんでしまう場合もあります。
また、大手に頼んでも、結局のところは工務店に下請けに出すのですから、値段の面でも純粋に工事費だけを請求してくる街の工務店の方が手軽といえるでしょう。

リフォーム業者は、リフォームを専門にしているので、マンションのリフォームや一部の間取りの変更などの場合には、街の工務店より経験もアイデアも豊富です。
いくつか業者を抱えて仕事を請け負っているので、フォローの体制も整っています。ある程度の規模のリフォームなら、やはりリフォーム業者に頼んだ方がいいでしょう。

室内のクロスや床を張り替えたりして、和室や洋室をセンスアップしたいと思っているのなら、インテリア専門の業者が最適です。
インテリアに関する知識は、もちろんどの業者よりも豊富ですし、使う素材も選りすぐりのものを多く取り揃えているはずです。

また、規模の小さいリフォームの場合には、その分野の専門業者に頼んだ方がいいでしょう。台所だけリフォームしたいという場合には、水回りの設備工事業者といったように、ほかの部分まで大きく影響する工事でなければ、こうした業者にとっては自分の得意な分野になるわけですから、失敗なくリフォームしてくれます。それに、材料や個々の工事の値段もはっきりしています。

自分のしたいリフォームの内容に合わせて、きちんと業者を選んだうえでリフォームを依頼することが大切です。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.