ブログ


『庇や霧よけは必ずつけること』

 

『庇や霧よけは必ずつけること』

 

日本の家屋が生んだ偉大な所産― 庇の重要性が認められ、最近はALC(軽量気泡コンクリート)の家でも「庇くらいはつけたらどうか」といった動きが出てきた。

 

いいことだと思う。

 

近ごろはコンクリート造の家の庇を専門に開発している会社もある。

 

元来、箱型(ビル型)の家に庇は合わないが、うまく調和するような庇を考えて、好評さくさくだ。

 

すでに述べたように、庇を省略すると夏は日がもろに部屋の中にまで入り、いったん入り込んだ吸気はなかなか外に逃げないから、「あの家は、暑くてたまらない」と、あいなる。

 

逆に、冬はやたらと冷え込む。

 

「たかだか庇ぐらいのことで」と思われるかもしれぬが事実だ。

 

庇は日本人が長い間かかって生み出した省エネルギーの素晴らしい知恵だ。

 

外観の格好よさだけに魅かれて、ややもすると、庇とか小窓につけるよけをいやがるお施主さんがいるが、とんでもない。

 

何をおいても、つけてもらうこと。

 

後々の居住性が、あるとないでは大層違う。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.