ブログ


『屋根裏の空間はたっぷりとる』

 

『屋根裏の空間はたっぷりとる』

 

このごろは屋根つきのマンションが多く目につくようになった。

 

ちょっと異様な感じがするが、あれは単なる飾りではない。

 

いきつくところ、「外観より、住みやすさ第一」になったのだろう。

 

毎日住む家であれば、きれいごとをいってはいられない。

 

外観より実質だ。

 

屋根があるだけで、最上階に住む人は、夏、かなり過ごしやすくなる。

 

屋根をつけることによってできる三角の空間(屋根裏)が、断熱層になり、外気の温度が直接室内に入り込むのを防ぐからだ。

 

木造の場合、建物の格好により、屋根の意匠はいろいろで、一概にはいえないが、屋根の勾配を大きくとり、できるだけ屋根裏が広くなるようにし、風窓(通気孔)をとって、通気をよくすることが基本だ。

 

「家のつくりようは夏をむねとすべし」。

 

これは「徒然草」の吉田兼好の言葉だが、在来工法の家の出発は、まさにそこにある。

 

とり外し自在の襖も障子も、風が自由にゆきかうようにと生み出された工夫だし、夏の日差しを遮る庇もしかりだ。

 

屋根裏の通気もまたしかり。

 

高温多湿の夏に住みやすいように、先人は数々の知恵を残してきた。

 

冷暖房がゆき届き、日本の家も開放から次第に密閉されたつくりに変わってきた。

 

どうかすると、それがいいといった風潮があるが、とんでもない。

 

奇をてらった設計士の家には、木造の家でもたまさか陸屋根(フラットルーフ)などがある。

 

ちょっと見にはすっきり見えるが、どっこい、こんな家をつくってしまったら、後後泣くことになる。

 

フラットルーフでは熱容量が大きいから、いったん暖まると、なかなか冷えない。

 

夜中になっても暑い。

 

冷房をつけっぱなしでないと、眠れない。

 

家は見映えも大切には違いないが、それより以前に、毎日暮らす家であれば、快適で健康にいい家でありたい。

 

古くから伝えられてきた知恵を無視してはならない。

 

設計を専門家に頼む場合も「屋根裏が十分とれるようにお願いします」といえるくらいの見識をお施主さんにも、もっていてほしいと思う。

次の記事へ

»
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.