ブログ


『部屋以外のスペースをまずとれ』

 

『部屋以外のスペースをまずとれ』

 

履物を履き替える日本の玄関は、外出用の靴のまま家の中に上がる外国の玄関と違って、ある程度の広さがないと不便で仕方ない。

 

玄関だけに限らない。

 

設計するときは、どうしても部屋中心になって、階段回りやら、浴室やらが、 一番最後になってしまう。

 

「まず、部屋を決めていく」大抵はここから出発するが、このやり方がまずい。

 

階段スペースなどは、意外と広さを必要とするのをご存知ない。

 

「これじゃ、階段がとれませんよ」と、お施主さんの設計をやり直すと、「部屋をつぶさないとだめですか」と、がっかりされる。

 

部屋以外のスペースを、初めから十分用意してかかれば、部屋を犠牲にするといった考えにはならないのに……。

 

部屋優先主義だと、ともすると、浴室はついジメジメしたところに に追いやることになって、家もそれだけ腐りを早めてしまう。

 

住居は部屋以外の部分がかなりある。

 

そいつをまずとってから、部屋を決めていくのが順序だ。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.