ブログ


『居間は本当に必要か』

 

『居間は本当に必要か』

 

話を聞くと、これから家をつくる人のきっかけの多くは、「子どもの部屋を確保してやりたい」大抵の方がそうだ。

 

だから、無理からぬことだが、変な話、夫婦の部屋はないのに、立派な子ども部屋があるという家が多い。

 

ちょっと前までは、子ども専用の部屋があるなど、考えもしなかったことだ。

 

そして、もう一つ。

 

大部分のお施主さんは、「広い居間か応接間がほしい」と、おっしゃる。

 

それぞれ暮らし向きがあるから、居間や応接間が不要とは決めつけないが、立派な居間をつくったが、いざ暮らしてみると、狭い茶の間が、実際には居間になっているお宅が多いのも事実だ。

 

居間に一家が集まって、しゃれたソファーに座って、紅茶なんぞを飲みながら、家族だんらんの一時をもつ。

 

テレビドラマによくあるシーンだ。

 

居間や応接間は家族の触れ合いのシンボルといったイメージをもっている人がいるが、そんなものだろうか。

 

「これからだんらんのときをもちますから、居間に集まって。

 

さあ、話をしましょう」なんて、そんな具合にいくわけがない。

 

現在の暮らし方はどうか、現実を見ることだ。

 

器を用意したから生活が変わるとは思えない。

 

わが家に居間や応接間が必要かどうか、もう一度考えてほしい。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.