ブログ


『床の間の有用性』

やはり、日本の座敷は床の間があると、部屋に風格が出る。
床の間は格調のシンボルといってもいいかもしれない。
お客を招じ入れるとき、「どうぞ、床の間のほうへ」という。
床の間があれば、おのずと部屋に上座、下座ができる。
床の間を背に座る位置が特等席になる。
知らず知らずのうちに、ついルーズになりがちな生活にけじめができてくる。
床の間に足を投げ出して横になるのはよくないことだ、といったセオリーを、子どもは自然と身につけていく。
家の中に、ちょっと居ずまいを正すところがあってもいい。
「床の間をつくるくらいなら、収納スペースがほしい」
という考えの人もいるが、収納スペースを削っても、私なら床の間をとる。
正月などの改まったとき、床の間のある座敷はいい、と思うものだ。
本格的な床の間には、図のように明かりを入れる書院を設け、反対側に床脇をつくるが、座敷には廊下が回っていないととれないので、そこまでの家は最近はめっきり少なくなった。
近ごろは畳面と同じ高さの「けこみ床」や、 落とし掛け(鴨居)を設けてつり壁だけつけた「つり床」など、簡略床の間が多くなった。
それでもいい。ないよりはあったほうがいい。たとえ、半間幅の床の間でもいい。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.