ブログ


『集成材だから悪いことはない』

和室の場合、柱などに最近はヒノキの集成材が多く使われる。
集成材は細い材料を接着して、ある程度の太さ(柱)や厚さ(板)にしたもので、材料の節だとか、割れといった欠点をなくしている。
表面に張ってある突き板の厚い、薄いはあるが、見かけ上はムク(天然木)と変わらない。強度の点からいっても、下手に白太(樹芯に近い赤身をとり除いた部分)を使うよりも強い。
接着剤の技術進歩は目を見張るものがあり、一度ついたら絶対にはがれない。
スギの場合も赤身なら脂分が多く、腐りにくいが、白太では腐りが速い。
そんなものを使うくらいなら、むしろ、集成材のほうがいい。
小幅のものを張り合わせてあるから、狂いもないし、腐りにくい。
お施主さんの中には、いまだにムクに勝るものなし、といった固定観念をもった人がいるが、考え直したほうがよい(もちろん適材適所でムクを使いこなせば別だが)。
和室は真壁といって、柱を見せるつくりにするから、見た目が非常に重要になる。
表面に見える部分(見えがかり)には、節などのない目のそろったものを使ったほうが、仕上がりがすっきりする。
板にしてもそうだ。例えば天井板などは、ふつうの家ではわざわざ高い金を出して、一枚板を使うことはない。
柾目にしろ板目にしろそろったものが入手できる。
安いから悪いと決めつけるのでなく、時代にあった部材を選ぶ。それが大事だ。
スギの話が出たついでに、ちょっと。スギは秋田県が産出量が一番多く、ついで大分県だが、気候が温暖なためか、大分県の出のものは育ちがよく、やや目が粗い。
構造材に使う場合は、やはり、目のつんだ秋田杉のほうがよいようだ。
腐りにくい。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.