ブログ


外壁塗装をお考えの方必見!ブルー系の特徴について解説します!

「ブルー系の外壁にするメリットやデメリットを知りたい」
「ブルー系を選んだ場合の注意点について知っておきたい」
外壁塗装をお考えの方で、ブルー系を選ぼうかと検討中の方も多いかと思います。
そこで今回は、ブルー系塗装のメリット・デメリット、塗装時の注意点について解説します。
ブルー系をお考えの方は必見です。

 

□外壁をブルー系に塗装するメリットとデメリット

 

*ブルー系塗装のメリット3点

 

1点目は、好みが分かれにくい色であることです。
ブルー系は空や海の色と同じ爽やかな色であるため、嫌いという方がほとんどいない色です。
また、ブルー系の色には、気持ちを落ち着かせる効果や集中力を高める効果もあります。

 

2点目は、明るさを調整することでさまざまな表現ができることです。
濃いブルーにすると高級感が生まれ、淡いブルーにするとより爽やかな印象になります。

 

3点目は、他の色との相性が良いことです。
ホワイトやブラック、グレーなど、さまざまな色と組み合わせても不自然ではなく、ツートンカラーなどにも向いています。

 

*ブルー系塗装のデメリット

 

ブルー系塗料のデメリットは、劣化が目立ちやすいことです。
ブルー系は他の色に比べて少し劣化が目立ち、劣化するにつれてだんだん白っぽくなってきます。
濃いブルーになるにつれて劣化は目立ちやすくなるため、劣化による色の薄れが気になる方は薄いブルーにするか、定期的にメンテナンスするよう心がけましょう。

 

□ブルー系塗装の注意点

 

ここでは、ブルー系塗装の注意点を2点ご紹介します。

 

1点目は、ブロンズ系の色とは組み合わせない方が良いことです。
先ほどブルー系はさまざまな色と相性が良いと解説しましたが、ブロンズ系は例外で、相性の悪い組み合わせです。

 

2点目は、色の明るさをしっかりと考えることです。
先ほども少し述べましたが、ブルー系は明るさによって印象がガラッと変わり、劣化の目立ち具合も変わってきます。
ご自身の満足する明るさをしっかりと検討してから塗装に移りましょう。

 

以上の2点を押さえることで、失敗のない塗装を実現させましょう。

 

□まとめ

 

今回は、ブルー系塗装のメリット・デメリット、塗装時の注意点について解説しました。
今回の情報を参考に、ブルー系の塗装を選んでみてはいかがでしょうか。
神奈川・東京をはじめ関東近郊で外壁塗装や防水工事をお考えの方は、信頼と実績のある当社にぜひお任せください。
ご相談をお待ちしております。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.