ブログ


外壁の色でお悩みの方へ!汚れが目立たない色について解説します!

「外壁塗装を検討しているが、汚れが目立たない色にしたいと考えている」
「外壁が汚れる原因を知りたい」
外壁に関して、以上のようなお悩みをお持ちの方もたくさんいらっしゃるかと思います。
そこで今回は、汚れが目立たない外壁の色と外壁が汚れる原因について解説します。

 

□汚れが目立たない外壁は何色?

 

*汚れが目立たない外壁の色

 

代表的な汚れが目立ちにくい外壁の色としては、以下の4色が挙げられます。

・グレー系
・ブラウン系
・ベージュ系
・アイボリー系

 

グレー系は、特に汚れが目立ちにくい色で、その理由はホコリや排気ガスなどと同じ色をしているからです。
ブラウン系は、特に土などの汚れが目立ちにくい色で、さらには排気ガス等の色も目立ちません。
ベージュ系やアイボリー系も土や排気ガスなどの色が目立ちにくく、庭がある家などにおすすめです。

 

このように、汚れが目立ちにくい色は様々です。
ご自身の好みに合うものもあると思いますので、ぜひ慎重に外壁の色を選んでみてくださいね。

 

*汚れが目立ちやすい外壁の色

 

反対に、汚れが目立ちやすい外壁の色として、以下の3色が挙げられます。

・ホワイト
・ブラック
・濃い色

ホワイトは最も汚れが目立ちやすい色で、こちらを選ぶ場合は定期的に掃除するよう心がけましょう。
ブラックも実は汚れが目立ちやすい色であり、特に土の汚れなどが目立ちやすいです。
また、その他の濃い色全般にも同じことが言えます。

 

□外壁が汚れる原因とは?

 

ここでは、外壁が汚れる主な原因を3点ご紹介します。

 

1点目は、大気汚染による汚れです。
こちらは先ほどから述べているような排気ガスなどによる汚れが挙げられます。
対策としては、汚れが目立ちにくい色の外壁を選ぶか、定期的に清掃することが挙げられます。

 

2点目は、カビやコケによる汚れです。
こちらは日当たりが悪いかつ湿気の溜まる場所に発生する汚れで、対策としては広がる前に処理することが挙げられます。

 

3点目は、サッシの周りの汚れです。
サッシ周りは他の場所と比べて、時間が経つにつれて汚れやすいです。
その理由としては、サッシ周りに用いられる可逆材が溶け出すことが挙げられます。
対策として、定期的なメンテナンスと、汚れが目立たない色の外壁にすることなどが考えられます。

 

□まとめ

 

今回は、汚れが目立たない外壁の色と外壁が汚れる原因について解説しました。
今回お伝えした情報をぜひご活用ください。
神奈川・東京をはじめ関東近郊で外壁塗装や防水工事をお考えの方は、信頼と実績のある当社にぜひお任せください。
ご相談をお待ちしております。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.