ブログ


外壁の汚れの落とし方は?壁を傷つけないようにしましょう!

 
みなさんは、外壁の汚れや、外壁の汚れの落とし方で悩んだことはありませんか。
この記事では、外壁汚れの原因と洗浄方法をご紹介します。
ぜひ、最後まで読んでください。
 
 

□外壁汚れの原因を解説!

 
 
チリやホコリによる汚れは、壁の凹凸などに引っかかって付着することで家自体がくすんで見えたり、茶色っぽくなったりして、目立ちます。
 
 
排気ガスによる汚れは、すすや灰、油汚れなどが少しずつ付着し、チリやホコリなどの汚れと同様に、家全体のくすみの原因にもなります。
特に、交通量の多い道路に面している建物は排気ガスの影響を受けやすいため、気をつけましょう。
 
 
カビやコケなどによる汚れは、風通しが悪く、湿気が多いところで発生しやすいため、よく換気をして発生を抑えることがポイントです。
特に、風通しの悪い北向きの外壁はカビなどが発生しやすいため、気をつけましょう。
 
 
サビによる汚れは、壁の近くにサビの原因となる、劣化して腐食のはじまっている金属を置いていた場合に、壁にサビの汚れが移ってしまうことです。
サビ汚れの場合、塗り替えが必要になってくるので、注意しましょう。
 
 
雨だれによる汚れは、日常的に窓などにこびり付いていた汚れが、雨に流されて溜まっていることを意味します。
雨だれによる汚れは放置すると余計に黒くこびりついてしまい、特に白い壁ではよく目立つため、注意が必要です。
 
 
塗料の変色による汚れは、長期間紫外線を浴びることで変色する場合があるので、塗り替えるようにしましょう。
 
 
また、外壁の汚れを放置していると見た目が悪くなることはもちろん、余計に汚れが落ちにくくなったり、外壁が劣化したり、結果的に雨漏りなど建物の劣化にも繋がるため、早めに対策ができるようにしましょう。
 
 

□外壁の洗浄方法をご紹介!

 
 
比較的に落としやすい汚れや少量の汚れであれば、スポンジやブラシで汚れを落とせます。
スポンジやブラシでは落ちない汚れの場合は、高圧洗浄機に頼りましょう。
また、広い範囲の汚れを落とす場合も高圧洗浄機を使うのがおすすめです。
 
 
素人の技術では落ちない汚れであったり、自分で汚れを落とす時間がなかったり、面倒だったりする場合は、外壁洗浄の専門業者に頼むのも良いのではないでしょうか。
 
 

□まとめ

 
 
この記事では、外壁汚れの原因と洗浄方法をご紹介しました。
汚れは対策することと洗浄することが大切だと分かりましたね。
外壁の汚れにお悩みの方の参考になれば嬉しいです。
また、外壁塗装について知りたいことがある方はぜひ、当社までお気軽にご相談ください。
プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.