よくあるご質問


よくある質問

  • 外壁塗装は吹き付けより手塗りの方が良いのですか?

    吹き付け塗装と手塗り塗装の一番の違いは耐久性にあります。

     

    時間や費用の面等でコスパに優れる吹き付け塗装は、手塗り塗装に比べて施工費を比較的安価に抑える事をができます。

     

    但し、機器を用いたスプレー塗装(塗料を吹き付ける)では、塗料のクイツキがあまり良くないため、刷毛・ローラで丹念に塗り込んでいく手塗り塗装のような、本来外壁塗装に必要とされる耐久性は得られません。

     

    外壁塗装はそう度々施工するものではありません。

     

    何か特別な理由がない限り、一度塗装したらできるだけ長持ちさせたいと思う施主様がほとんどです。

     

    その施主様のお気持ちに応えるべく弊社では耐久性重視の手塗り塗装に拘っております。

     

  • 家屋の傷む原因は何ですか?

    家屋の外部にあたる外壁や屋根のダメージについては、自然環境から受ける影響が劣化に大きく関わっています。

     

    • 雨や雪による湿気
      外壁や屋根の破損箇所から水が入り込み建物の内側から腐朽等の劣化が生じる。
    • 二酸化炭素(炭酸ガス)
      大気中の二酸化炭素は中性化によりコンクリートを腐食し劣化させる。

    • 激しい温度の上昇や下降は、建物を腐食させる結露を生み出します。
    • カビや苔等の汚損
      家屋の景観を損ねるうえ、人体にも影響を及ぼすこともあります。
    • 紫外線
      建物にとって一番厄介なのが紫外線です。紫外線にさらされ続けると塗装の塗膜は大きなダメージを受け躯体の寿命を著しく低下させてしまいます。

     

    その他にも大気汚染による酸性雨や温暖化問題など、外壁劣化の要因として自然環境は大きなウェイトをしめています。

  • 外壁の塗り替えや修繕が必要な状態とは?

    建物を長持ちさせるには、早め早めの対応が大切です。

     

    1. 外壁の汚れ(黒カビ・苔なとの藻類)が前より目立って見えるようになった。
    2. 壁のひび割れ(クラック)が多くなってきた。
    3. 外壁に触ると白っぽい粉のような物が手に付着する。
      ※チョーキング現象
    4. 手すり・門・階段等の鉄部が光沢を失い、錆が発生し始めた。
    5. 木部のひび割れや酸化によるツヤの消失、腐朽している。
    6. シーリングや目地の部分に隙間が開いてしまっている。
      ※目地・シーリング
    7. 建物の基礎部分にひび割れが目立ちはじめた。
    8. 雨天時に外壁に雨水が染み込んでしまっていたり、跡がのこっている。
    9. 屋根(コロニアルスレート)部に苔やカビ等の汚れが付着している。
    10. 雨樋(雨戸い)の破損やゴミづまり。

     

    外壁や屋根に上記のような症状があらわれたら、一度業者に相談してみましょう。

     

    ※チョーキング現象・・・外壁の塗膜が酸化して防水切れしている。

     

    ※目地・シーリング・・・窓枠の周囲やサイディングボード・ALCの継ぎ目に使われる部材。

     

  • 外壁塗装って必要なの?

    なぜ外壁塗装をするのか?については、「新築から10年経過したので」とか「何か薄汚れてきたから」とか皆さんいろいろな理由があると思われます。

     

    それはそれで間違いないと思います。

     

    プロの目で外壁塗装の目的にお答えすると、その一番の目的は建物の躯体の保護、続いて建物の美観の維持となります。

     

    外壁や屋根に建てた当時には無かった傷みが出はじめたら、躯体が弱ってきたという証拠ですから、やはり塗装の塗り替えや傷んでいる部分の修繕をするなどの保護が必要でしょう。

  • 高圧洗浄って必要?

    高圧洗浄とは、文字通り高圧で水を噴射して建物の汚れを洗い流す外壁塗装工事の一工程です。

     

    外壁に限ったことではありませんが「塗装は下地が命」と言われております。

     

    しかしながら、紫外線や酸性雨などの近年の地球環境問題や建物を構成する材料の質(天然の木材等)の低下などにより、外壁塗装の下地である家屋の壁や屋根のダメージは大きくなっています。

     

    このダメージが大きい下地をケアするには、従来の下地処理プラスアルファの処理が必要になり、高圧洗浄の工程が加わりました。

     

    高圧洗浄によって外壁や屋根に溜まった砂ぼこり等の汚れを吹き飛ばし、塗料の食いつきやすい塗面にします。

     

    高圧洗浄の出来いかんによっても塗装の仕上がりに差が出ると言われる重要な工程の一つです。

  • カタログ(見本帳)に無い塗装色でもできますか?

    基本的に各メーカーの見本帳に無い塗装色での塗装も可能です。

     

    各メーカーの色見本帳には、数十種類のオリジナルカラーが掲載されておりますが、それ以外の色を使う場合は、調色という作業を行ないご希望の色を作ります。

     

    調色の場合もやはり色見本は必要となりますので、(社)日本塗料工業会が発行している「塗料用標準色見本帳」からご希望のカラーを作ります。

     

    ※塗料用標準色見本帳には、建物・インテリア・設備機器などによく利用される色が数百種類掲載されており、官公庁の指定カラーやJIS標準色も取り入れた色構成で実用的なカラー選択をサポートしています。

     

    但し、弊社は調色をあまりお勧めしておりません。(調色を否定している訳ではありません)

     

    調色のデメリット

    赤と青と黄(色の3原色)で構築されている塗料用標準色見本帳の中に原色の近似色やピンク系など、色飛しやすい構成が含まれている。

     

    色飛=褪色となりますので、かっては鮮やかなピンクだったものが短期間に白っぽくなってしまうといった事が起こりがちです。

     

    塗料用標準色見本帳の色見本は近似色(似通った色)が多数あるので、似通ったカラーは作りやすいのですか、完全な同色は作成しづらい。

     

    塗料用標準色見本帳には有効期限があるので、期限後に廃盤になるカラーもあり、同じ色が永久に掲載されているとは限らない。

     

    これはら、塗装工事中に何がなしかの理由で塗料が不足した場合や後々のメンテナンス等で塗料が必要になった際に同色の塗料が作れなくなってしまうといった事につながります。

     

    さらに、調色の場合はメーカー標準のカラーで塗装するよりも塗料代が2〜3割増になります。

     

    このようなことから、なるべく各メーカーの色見本帳から塗装色を選択して頂く事を弊社ではお薦めしおります。

  • アクリル塗料ってどうなんですか?

    施工性が高くコスパに優れたアクリル塗料は、住宅などの外壁塗装でもポピュラーな存在の塗料です。

     

    アクリル塗料の弱点としては、他の塗料比べて変色しやすく、耐久年数も短めなので、若干メンテナンスに気を遣うところです。

     

    コスパが良いので、こまめに外壁を塗り替えて建物の新鮮さを保ちたいといったケースに最適です。

  • 遮熱塗料とは何ですか?

    そもそも、屋根に求められる重要な機能は家を保護するという事ですが、昨今の気象変化から屋根に新たな機能が求められるようになってきました。

     

    従来の懸案となっている地球温暖化の問題や特に都市部におけるヒートアイランド現象など、夏季シーズンの高温化が著しくなっており、その暑さを凌ぐために利用するエアコンの大量使用がさらに温度の上昇に拍車をかけるという悪循環になっています。

     

    また、エアコンの一斉使用は、激しい電力消費をともうため、クールビズなど省エネや節電対策が推奨されています。

     

    そのような背景の中で、建物に塗布する塗料により建物内の温度を効果的に下げるために開発されたのが「遮熱塗料」です。

     

    この遮熱塗料を屋根に塗布することにより、建物自体が熱を吸収することを抑制するため、建物内の部屋の温度を15℃から20℃くらい下げる事ができます。

     

    エアコン等の使用量が減り電気料金の負担も軽減し節電・省エネに貢献します。

     

    実際に弊社で遮熱塗料を施工させて頂いた施主の皆様も遮熱塗料の効果を体感して高評価を頂いております。

  • 外壁塗装工事に先立って用意しておいたほうが良い物はありますか?

    工事にあたって施主様にご用意頂くものは特にありません。

     

    但し塗装工事の作業の際には、電源(コンセント)・水道は必須となります。

     

    上記の2点は施主様より拝借させて頂きます。

     

    その他に、トイレ・車両の駐車スペースがあれば拝借させて頂けると幸いです。

  • 高圧洗浄って何ですか、気をつける事はありますか?

    外壁塗装工事の下地調整にあたる高圧洗浄とは、長期渡って建物にこびり付いた汚れ(カビ・コケ等)を圧をかけた水で洗い流す作業です。

     

    これをしっかりしておかないと塗装の仕上がりに差が出てしまいます。

     

    この高圧洗浄作業を実施する時は、「お出かけ前に窓をしっかり閉めて施錠をして下さい」と必ず施主様にお伝えしております。

     

    なぜなら、高圧洗浄作業では長年の汚れを洗い流すためにかなり高圧な水を噴射しますので、きちんと施錠されていない窓等は水の勢いで開いてしまい、お部屋の中が水浸しになってしまう事があるからです。(実例ありです)

     

    また、水が窓からはみ出していたカーテンを伝わってお部屋が浸水などといった事例もあります。

     

    もちろん、弊社の方でも必ず洗浄前にひと通り確認させて頂いておりますが、くれぐれもご注意下さい。

  • ペットの犬を外で飼っているけど大丈夫ですか?

    ペットのワンちゃんは、外壁に届かない場所に繫いでおいて頂ければ問題ありません。

     

    お庭での放し飼いや外壁の側に繫いでしまった場合、塗料の乾燥前にワンちゃんが壁に寄りかかったりすると大変な事になりますので、その点ご注意下さい。

  • 外壁塗装工事期間中は窓の開閉や洗たく物を干したりできないの?

    工事の期間中(天候にもよりますが数日程度)は、塗装作業を行う上で必要な養生を窓枠などに施しますので、基本的に窓の開閉はできません。

     

    従いまして、洗濯物やふとんを干すといった窓の開閉を伴う作業はして頂くことはできません。

     

    しかしながら、例え数日程度の工事期間と申しましても、お子様や家族の員数が多いお宅の場合は、洗濯が滞ると大変ですね。

     

    そのようなケースでは、ベランダの塗装を最初に仕上げる事で、いち早く洗濯を再開させる事も可能です。

     

    事前にご相談を頂くことで、なるべく施主様の生活に塗装工事の影響がでないよう柔軟に対応することができます。

  • 休憩時のお茶出しは必要?

    「共働きなどで自宅が留守がちのため、お茶出しの仕度とかできないですけどどうしましょう?」

     

    このような質問をよく頂くのですが、休憩時にお茶出し等をして頂く必要はありません。

     

    ましてや、そのためにパートやお仕事をお休みする必要は全くありませんので御安心下さい。

     

    もちろん、ご厚意でお茶出しして頂いた場合には、職人さん共々感謝して頂戴致します。

  • 工事に際してご近所への挨拶はどうすれば良いでしょう?

    工事に際しての近隣へのご挨拶は、弊社が責任をもって行いますので、御安心下さい。

     

    施主様ご同行でのご挨拶ですと、近隣の方がご遠慮されて、本音で気を付けて欲しいと思っている事を伝えづらくなってしまう場合があります。(普段のご近所付き合いがあるため、気を遣わせてしまう)

     

    その点、業者単独でご挨拶に伺うと、気を付けて欲しい事や思っている事をストレートにお伝え下さいますので、弊社の方でも対策を立てやすく仕事もスムーズに運びます。

     

    尚、それとは別に施主様の方で、個人的にご挨拶をして頂くのも宜しいかと思います。

  • 工事前に庭の片づけや整理をしておいたほうが良いでしょうか?

    そのままで特に問題はありません。

     

    但し、壁の側に置いてあるものや施主様が大切されている物等は事前に片付けておかれた方が良いと思います。

     

    物置(保管庫)・花壇・敷石など、移動に手間の掛かるものは、予め工事開始前に業者さんにお願いするのが宜しいかと思います。

     

    後々建物が奇麗になると周囲が余計に気になりますので、その時に廃棄したい物(普段処分できずにいた物等)があれば一緒にお願いするのが良いでしょう。

  • 外壁塗装の工事中は在宅していた方が良いのでしょうか?

    工事中に御自宅を留守にされても、もちろん問題ありません。

     

    ただし、万一の盗難等に備え留守中の防犯対策(鍵掛け・戸締り等)は万全にしてお出かけ下さい。

  • 見積りだけ出してもらって、お断りすることはできますか?

    見積りのみのご依頼も承っています。 見積りは無料です。

    お客様のご予算や施工のご希望に合わせて数種類のお見積りを出させていただきますが、ご検討の結果、お断りいただくことももちろん可能です。

     

    その後のしつこい勧誘などはありませんので、ご安心ください。

    ただ、一度点検がてら傷み具体を把握しておくと、実際に塗り替えが必要な時期をわかりますのでおすすめしております。

  • 外壁の塗り替えは通常どれ位の費用がかかりますか?

    工事箇所の範囲や条件、使用する塗料などにより変わるため、実際の現場を見ないと正確な金額は出せません。

    お見積りは無料で行っていますので、一度ご相談ください。

    なお、単価表を参考までにご覧いただければ幸いです。

  • 外壁の塗り替えはどれ位経ったら必要ですか?

    外壁の素材や塗装の種類などによっても異なりますが、一般的に5~10年で塗り替えれば、美しい外観を保つことができます。

    ただし、立地条件などによっても変わるため、あくまで目安としてお考えください。

    劣化の症状に気付いたら早めに対処することで、建物自体の寿命を延ばすことが可能です。

プライバシーポリシー  /  特定商取引に基づく表記      Copyright (C) 2019 有限会社ステップリフォーム. All rights Reserved.