有限会社ステップリフォーム

外壁塗装中はどんな生活になる?対策しないと大変なことに!

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram
お問い合わせはこちら

〒221-0002 神奈川県 横浜市神奈川区 大口通 134-15

外壁塗装中はどんな生活になる?対策しないと大変なことに!

外壁塗装中はどんな生活になる?対策しないと大変なことに!

2023/01/25

外壁塗装中はどんな生活になる?対策しないと大変なことに!

外壁塗装中は騒音がしたり、窓が開閉できなくなったりして、いつもの生活と少し異なります。
少し不便な生活になりますが、対策をしていれば大丈夫です。
今回の記事ではどんな不便なことが起きるのかとその対策をご紹介します。
外壁塗装で悩んでいる方は、ぜひご覧ください。

外壁塗装中はどんな生活スタイルになる?

1.換気が難しくなる

外壁塗装中は作業をスムーズに進めるため、塗料が飛散しないようにネットで家が覆われます。
飛散防止ネットはメッシュ素材なので完全密閉ではないのですが、換気がいつもよりもしづらくなります。

また、塗装作業を行う際は家自体にも塗料が飛び散らないように養生シートを貼ります。
剥がすまでの約3日間は窓が開けられません。
エアコンや給湯機などは使用いただけます。

2.洗濯物が干しづらくなる

洗濯物を外に干すと塗料の臭いや塗料自体が付着してしまうため、工事期間中は外干しが基本的に行えません。
中干しかコインランドリーでの乾燥をお願いします。

近隣の方々の洗濯物は大丈夫なのでしょうか。

飛散防止ネットをしているといっても、メッシュ素材では防げる範囲に限りがあります。
隙間から飛散してしまっては迷惑がかかってしまいます。

トラブルを防ぐためにも、工事着工前の近隣の方々への挨拶の際に、工事中の注意事項をお伝えします。

3.室内に光が届きにくくなる

飛散防止ネットにより太陽光が室内に届きにくくなります。
少し薄暗くなることを覚えておいてください。

外壁塗装工事中に対策すべきことは?

1.騒音対策

  • 足場の設置と解体
  • 工事車両の移動
  • 職人同士の会話
  • 下地処理の工具

これらが、騒音が起こるタイミングです。
作業を安全に進めるにあたって必要な会話もあります。
常識の範囲を超えている騒音であれば、一度業者に相談してみてはいかがでしょうか。

また、騒音が起こる時には外出しておくという対策方法もあります。

2.塗料の臭い対策

技術が発達してきて臭いの少ない塗料も増えてきています。
無臭とは言えませんが、シンナーの臭いが気になる方の大きな味方になってくれるでしょう。

3.空き巣対策

周囲の視界が遮られるため空き巣が侵入しやすい状態にあります。
必ず戸締りを行い、防犯対策を業者とも話し合っておきましょう。

まとめ

音、臭い、犯罪など外壁塗装中にストレスに感じることが多くあります。
期間は短いですが、ストレスが1日中続いてしまうと大変です。
本稿の対策を参考にして、ストレスのない外壁塗装を行ってください。

外壁塗装でお困りの方はぜひ当社にお任せください。

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。